2017年8月7日月曜日

エルゴ360を使用してみた感想

前回ネタ同様、ママの腰を守るベビーグッズ、その後どうなったかです。

抱っこ紐はエルゴの360タイプを、生後1ヶ月から使い始めて現在1歳7ヶ月、

継続愛用中です

通常のエルゴや、他社の抱っこ紐は使った事がないのでさほど比較できませんが、

360タイプは、やはり腰に優しいのではないかと思います。


デザイン形状を見てみると、通常エルゴに比べて360タイプの腰ベルトは、圧倒的に幅の厚みがあります。

がっちりマジックテープで2重になっていて、腰全体を覆います。


結構暑い(夏は腹サウナ!)のが難点ですが、その分腰への負荷がかなり分散されているように思います。



一方エルゴ通常タイプの腰ベルトは360に比べると背部が細くて、ストラップで止めるだけなんですかね?

そして、使用している人の後ろ姿をチェックしてみると(失礼!)皆、360より下の位置で、骨盤で引っ掛ける様に支えているような気がするのですが。ベルトが細いため、そのように見えるのでしょうか?

腰を守ることを考えると、腰痛持ちの私にはおそらく360タイプの方が合っているかもと思います。



360タイプの使用感は、まるで腰痛ベルトを着けているかのようなガッチリした感じです。

だからこそ腰への負担が軽減されているのかもしれません。

何なら、軽い腰痛の時でも360で抱っこすれば、その間、腰の痛みは紛れているような気もします。

ちなみに最近のエルゴでは360の他にも、ADAPTというタイプも新しく出たようで、そちらも腰ベルト太めみたいですね。



肩ベルトに関しては、エルゴに関してはどれも同じだと思いますが、リュックを前に背負う要領で、背中の真ん中でストラップで固定します。(わかりにくいと思うので公式サイトをどうぞ。)

肩甲骨の位置を正しく安定しやすい設計なのだと思いますし、装着してしばらくは肩がシャキッと安定します。

しかしながら、時間が経つとつい、子供の重みやら、背中への意識への薄れやらで、肩が上がって肩甲骨が前方へ丸まってしまいます。

僧帽筋中部・下部や、広背筋を意識すれば、この問題は防げると思うので、抱っこ中もエクササイズだと思えば…。



うちの子も、エルゴで抱っこしてもらうのが大好きです。抱っこするとよく寝てくれます。

ただ最近、子供も重くなり、抱っこ紐で外出も結構きつくなってきました。

かといって、1人で歩かせると、あちこち歩き回って危なすぎるしで、まだ到底手放せません。

いつ抱っこ紐卒業できるんでしょうかね〜?



おまけ。360タイプでは、前向き抱っこが出来ます。正直いって使用頻度は少ないですが、これするとめっちゃ可愛いです♥ 





0 件のコメント:

コメントを投稿